地縛霊と小倉

土砂降りのお天道様は水気で髪が広がってしまったり、靴の中に水が割り込むこともあるので適正メランコリーだ。
それより不愉快のは、傘に係わる難題の成分になりそうな事例。
JRの中で、濡れた傘が覚えられるというそれが故意でなくとも、適正ずいぶんムッとしてしまう。
もっと、これは女性に多いのですが、傘をトートバッグやハンドバッグと共に二の腕にわたっている際、積荷の外面に引っ掛けて傘の切っ先がぶらぶらしてある条件。
どこに置いたのかもわからない(靴深層と変わらないように思うのですが)傘の最前線が、誰かの乗り物にあたってもパス。
何度もおんなじヒューマンに当ててしまって、ついに傘最前線を何度も乗り物に覚えられた人のインスピレーション忍手提げの緒が切れてしまい、車内で攻防になってしまったなんて景色も目にしました。
濡れた傘も不満ですけど、傘の最前線を何度もぶつけられて、は適正大層憂慮だ。
ラウディ
どう見ても人の多いJR内では、あのような保ちヤツではヒューマンにあたってしまうと行き渡りそうなものですが…。
ふとした心配りで、難題も防げるのにな、と思いつつ見ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です